ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年09月08日 チャウセーの三段重ね仏像

 一風変わった形状の仏像が、全国的な人気を集め始めている。仏陀の座像の中に、もう一体、別の仏像が鎮座している。さらにその仏像の中には、また別の仏像が顔を覗かせている。3体の仏像が入れ子構造で作られた仏像だ。

 チャウセーにあるタモウッ・シンビン・シュエグージーパゴダから発見されたもので、その特異な形状から、多くの参拝客を獲得するようになった。チャウセーは、国内第二の都市マンダレーから近い。先月、マンダレーでタウンビョン祭が開催された際には、チャウセーのこの仏像へも足を延ばす参拝客で盛大に賑わったという。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込