ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年05月11日 ヤンゴン港の整備続く

 国営紙「ミャンマーアリン」の報道によると、シンガポールの大型浚渫船を用いたヤンゴン川の浚渫作業が、3月30日から4月11日にかけて行われた。対象はヤンゴン川、バゴー川、バズンタウン川の合流点からヤンゴン港にかけての約2キロ。土砂の堆積による大型船の航行難を解消するため、水深を1メートル程度深くしたという。ミャンマー港湾公社は4隻の浚渫船を保有しているが、今回のように外国籍船を借り入れての浚渫作業は初めてとのことだ。

 河川港であるヤンゴン港は、どうしても堆積の影響を避けられない。今回の作業が行なわれた3河川の合流点付近は、土砂の堆積が特に多いことで知られる。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込