ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年06月29日 試行錯誤が続く水産資源保護

 海外市場を開拓するため、国際水準に適う農産物を作り出す。これが、現在のミャンマー農業界にとっての最重要の課題の一つだろう。かつては世界有数の輸出量を誇った米に加え、マンゴー、スイカ、メロンなどの果実類、そしてコーヒーや茶にいたるまで、思いつく限りのあらゆる農産品が、有力輸出品としての成長を期待されている。周辺国との競合が予期される品種ばかりという難しさはあるが、今後見込まれる周辺地域の人口増加を見越すと、発展の余地も大きいと言えるだろう。

 規模拡大に向けた施策が主流をなす農業と対照的に、ミャンマーの水産業は資源保護体制の構築が最大の課題となり始めている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込