ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年07月13日 毒蛇対策で血清の生産体制を拡充

 ミャンマーの農民にとって、雨季の始まりは農作業の季節の始まりでもある。田畑での作業時間が増えるとともに、深刻な脅威となるのが毒蛇の存在だ。マンダレーからヤンゴン周辺まで、エーヤーワディー河流域一帯の平原には、致死性の毒をもつラッセルクサリヘビや、キングコブラが多数生息している。毎年、数万人が噛まれて病院に搬送されるといい、血清の生産・配備は政府にとって重要な課題であり続けている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込