ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年08月03日 消えゆくヤンゴンの公衆電話

 急速に普及するミャンマーのスマートフォン。通信市場が開放される前と比較すると、夢のような急成長が続いている。2011年当時、国営郵政・通信会社MPTのSIMカードが1枚700ドルの超高値で取引されていた。それが今や、わずか1ドル強で誰でも購入できる。ステータスシンボルだったスマートフォンは、あっという間に身近な日用品と化した。

 初対面のミャンマー人と連絡先を交換するにも、スマートフォンの存在が前提とされる。電話番号とメールアドレスはもとより、必ず聞かれるのが、通信アプリViberや、フェイスブックのアカウントの有無だ。この7月、LINEもミャンマーでのサービス開始を発表したが、早速LINEも、こうした定番アプリの1つになりつつあるようだ。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込