ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年08月31日 災害対策で国民の視点を意識

 6月以来の大雨とベンガル湾で発生したサイクロンの影響により、ミャンマー国内では大規模な洪水・土砂災害が続いている。政府発表によると、これまでに約100人が死亡、100万人以上が被災。村落部の主要水源である貯水池や井戸が洪水によって汚染された結果、多くの地域が飲料水不足に直面している。また、チン州のような山岳部では、土砂崩れによる道路網の寸断が各地で発生し、食料供給が滞っている地区がある。

 ミャンマーの主要産業である農業、特に稲作への影響も懸念されている。ミャンマーの稲作は、通常、雨季の始まりと共に田植えをし、雨季の終わりに収穫する。今回の水害では、まさに生育途上にあった70万エーカー以上の水田が被害を受けてしまった。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込