ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年12月21日 ミャンマーに残る木造の古民家

 未舗装の道に砂塵が舞うミャンマーの村。近年、携帯電話やバイクといった現代的な道具類が普及しつつあるとはいえ、村での生活にはまだ伝統的な要素が多く残されている。農耕の主役となるのは機械ではなく牛だし、村人の住まう住宅の多くは、木や竹など、容易に入手できる自然の素材で建てられている。ミャンマーの木造建造物というと、マンダレーなどに残る豪壮な僧院がまず思い起こされる。けれど、村落部で建てられる簡素な民家も、ミャンマーの建築文化を形成する大切な要素のひとつとして軽視することはできない。

 日本には、各地で古民家がよく保存されている。多数の民家を一カ所に集めた民家園のような施設もあれば、本来の場所に保存されている民家もある。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込