ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年03月07日 相次ぐ大火、求められる防火対策

 住宅が密集する街を焼き尽くすほどの火災。かつては「大火」と呼ばれた大規模火災は、現代の日本ではほとんど見られなくなった。しかし、ミャンマーの地方都市においては、水害や風害と並び、常に起こり得る脅威の一つだ。2月中に各地で相次いだ大火が、改めて街づくりの脆弱さを浮き彫りにした。

 2月4日から5日にかけて、ミャンマーの北部と南部でそれぞれ深刻な火災が発生した。シャン州北部のナムサンでは、4日の昼過ぎから夜にかけて、街の中心部がほぼ全焼した。ナムサンは、マンダレー~ムセー道の北方、シャン丘陵の山中に位置する。パラウン族自治区内にあり、国内有数の茶葉の産地として全国的に知られている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込