ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年03月14日 変わりゆくマンダレーの川辺

 マンダレーの西、エーヤーワディー河の沿岸は、旅客船や貨物船が往来する「河岸」となっている。古くからマンダレーの経済活動を支えた地区で、今もその重要性は変わらない。物流の拠点といっても、現代的な港湾施設の姿は見られない。家庭生活と職場とが混然一体となった、昔ながらの暮らしがあるだけだ。

 遠く離れた上流の町から竹を運んでくる人たちは、竹で組んだイカダの上に小屋を建て、そこで生活している。荷役や河からの採土に従事する人たちも、やはり河沿いの仮設小屋で家族と共に暮らしている。米袋をかつぐ男性が列を成すかたわら、子供達がサッカーに興じている。河は水浴び場となり、洗濯場となる。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込