グローバル時代の英文契約書作成講座
シリーズ開催セミナー概要


講師

皆川 克正 氏

皆川恵比寿法律事務所 弁護士

 

講演趣旨

 ビジネスの国際化が進む中、多くの企業において外国企業との取引を避けて通ることはできません。商習慣や文化の異なる外国企業との取引では、当事者間で合意した内容を正確かつ明確に定めた英文契約を締結する重要性が国内取引に比べて格段に高いこと、国際取引特有の条項を過不足なく正確に規定する必要があることは言うまでもありません。

 こうした背景もあり、現在は、英文契約の作成・Reviewといった海外国際法務を取り扱う担当者が年々増加しています。しかし、法務担当者の中には、①英文契約書の作成に関する書籍は多数あるが玉石混交で、どの書籍を読めばいいか分からない、②書籍をじっくり読みたいが仕事に負われて十分な時間を確保できない、③国際取引特有のチェックポイントについて十分な知識や経験がない、④これまで英文契約書の作成・Reviewを行なってきたが、自分の理解を体系的に学び、整理したいといった思いを持っている方も少なくありません。

 今回のセミナーは、国際法務を担当して間もない方でも分かるように、1回目に「英文契約の基礎知識とReviewのポイントについての解説を行い、その後の2回に亘るセミナーで、「秘密保持契約」と、「ライセンス契約」を題材に、Draft作成方法・Reviewの視点を示した上で、個別の条項について具体的な修正案を示しながら実践的な解説を行います。

①「英文契約の基礎知識とReviewのポイント」

 英文契約書の基本的構成、契約英語独特の言い回し、国際取引に固有のチェックポイントと一般条項を中心に丁寧に解説を行います。

 

②「ケース別契約書作成・Reviewのポイント(実践編①秘密保持契約)」

 第1回セミナーの内容を踏まえて、秘密保持契約を題材に、ドラフトの作成方法、Reviewのポイントを、具体的な修正案を示しながら、丁寧に解説します。

 

③「ケース別契約書作成・Reviewのポイント(実践編②ライセンス契約)」

 第1回のセミナーの内容を踏まえて、ライセンス契約を題材に、ドラフトの作成方法、Reviewのポイントを、具体的な修正案を示しながら、丁寧に解説します。

 

講演項目

①「英文契約の基礎知識とReviewのポイント」
 

1.英文契約書作成・Reviewの視点

2.英文契約の構成

3.英文契約独特の言い回し

4.国際取引に固有のチェックポイントと一般条項

 

②「ケース別契約書作成・Reviewのポイント(実践編①秘密保持契約)」

1.ドラフト作成・Reviewの視点

2.個別の条項の解説

(1)秘密情報の定義・範囲

(2)秘密情報の例外的取り扱い

(3)契約期間の要否

(4)知的財産権の取り扱い

(5)その他

 

③「ケース別契約書作成・Reviewのポイント(実践編②ライセンス契約)」

1.ドラフト作成・Reviewの視点

2.個別の条項の解説

(1)ライセンス許諾条項

(2)ロイヤルティ条項

(3)技術情報・営業秘密の開示

(4)改良・グラントバック条項

(5)知的財産権に関する条項

(6)ライセンサーの損害賠償責任の限定条項

(7)秘密保持条項

(8)その他

 

講師紹介

国際取引、M&A取引、知財取引を中心に幅広く企業法務に多数従事すると共に、商事訴訟を含む訴訟においても実績を残す。1998年同大学院法学研究科修士課程修了後、三菱商事株式会社に入社。法務部に配属され、国内外の新規事業投資案件、M&A案件、ファイナンス案件多数に従事。2006年成蹊大学法科大学院(社会人コース・特別奨学生)を卒業し、2007年弁護士登録。英国系法律事務所東京オフィス等にて国際取引法務に従事した後、大手外資系ソフトウェア企業の社内弁護士に転身。2010年9月「皆川恵比寿法律事務所」を設立。2011年度成蹊大学法学部演習講師。2012年より東京工業大学大学院グローバルリーダー教育院にて「リーガル&コンプライアンス」演習講師。

 

 

戻る
  • シリーズお申し込みフォームへ
開催日時
1日目 2013年3月5日(火)
18:00~20:00
2日目 2013年3月12日(火)
18:00~20:00
3日目 2013年3月19日(火)
18:00~20:00
受講料
53,550円 (税込み)
 全シリーズ参加価格です。
場 所
金融ファクシミリ新聞社
セミナールーム
東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル2階会場地図
電話 03-3639-8858