第2906回 | 医療用医薬品の広告規制強化動向と対応実務上の留意点
-製薬協ガイドラインの改定を踏まえて-


 

【御注意下さい】 このセミナーは開催済みです。

 

講師

立石 竜資 氏

ベーカー&マッケンジー法律事務所 弁護士

 

講演趣旨

 大手製薬会社による医薬品の広告規制違反(誇大広告)が社会的にも大きな問題となり、厚生労働省の指示のもと、製薬会社による医療用医薬品の広告の在り方が改めて見直されています。これを受け、日本製薬工業協会では、有識者による提言を踏まえ、「医療用医薬品製品情報概要等に関する作成要領」(以下、「作成要領」)を改定し、広告資材別の指針について重要な見直しを行おうとしています。同作成要領は2015年10月より開始されており、製薬会社は新要領に基づき、適正に広告資材を統制することが求められています。

 本講演では、このような状況を踏まえ、医薬品医療機器等法に基づく広告規制を遵守するために、法的な観点から、規制の概要について説明するとともに、広告資材の作成・管理に関する実務上の留意点を解説します。

 

講演項目

1.広告規制の展開

 ・大手製薬会社による広告規制違反(誇大広告)

 ・行政処分にみる当局の解釈

2.広告規制の全体像

 ・医薬品医療機器等法

 ・適正広告基準による解釈

 ・業界自主規制

3.製薬協による作成要領の改定

 ・科学的に正当な情報提供(参考情報、サブグループ解析の扱い)

 ・データ、グラフによる効果

 ・透明性の開示

4.実務上の留意点

 ・資材別の遵守事項の検討

 ・製品説明会の講演スライドの確認

 ・疾病啓発活動

 

講師紹介

【立石竜資(たていし りょうすけ)氏】

1998年東京大学法学部卒、2007年早稲田大学法科大学院卒、2008年同事務所入所(1998年から2004年まで住友商事勤務)。コンプライアンス、紛争解決を専門とし、とりわけヘルスケア業界における法令順守体制構築支援(汚職防止等)、ライセンス契約等の取引に関する法的助言、製造物責任に関する紛争解決等について多くの経験を有する。

【著作】

「米英中当局による執行の動向と対策」(ビジネスロー・ジャーナル2015年11月号(共著))、「英国贈収賄禁止法」(ビジネスロー・ジャーナル2011年8月号(共著))等

 

 

戻る
  • セミナーお申し込みフォームへ
  • セミナーお申し込み用紙
開催日
2016年2月8日(月)
時 間
13:30~16:30
受講料
1人目27,000円
(税込29,160円)
2人目から26,000円
(税込28,080円)
場 所
金融ファクシミリ新聞社
セミナールーム
東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル2階会場地図
電話 03-3639-8858

 

 

  • セミナー情報つぶやき中
  •  
  • 開催予定メール配信
  • 当セミナーの開催予定を E-mail にて配信しております。ご希望の方はこちらよりご登録ください。
  • セミナー企画案募集